2009年09月21日

信頼されなくてはいけない

久しぶりに書きます。

インナーマリッジまだやってました。

なかなか進まなかったけど、テキストからワードに書き出したのを浄化してたら[信頼されなくてはいけない]があった。

中学、高校では(自分の中で)色々あり、もう誰の顔も見たくないという出来事があって、どんどん気持ちが沈んでいました。

これまで学校や会社の皆に迷惑をかけて失望させてしまって(と思いこんで)仲良くなりたかった事、会話したかったのに、ほとんど何も話せなかった事、誤解された、嫌われた、勘違いされた、信用を失くした…こんな自分を否定している事に気付きました。

皆を悲しませてしまった。
    ↓
こんな自分が許されるわけがない
    ↓
だから自分は生きていてはいけないんだ
    ↓
死にたい…

↑の考えが頭の中でグルグル回っていました。

思えばまったくもって小さな事だったと思うんですが、今はあの出来事がなければ臆病な自分は成長して強くならなかったと思い、感謝しています。

浄化したら、無意識なのか、背伸びをして、「うわ〜気持良い」と声に出していました。

みぞおち(?)のあたりがスーッとした感じでした。

「ああ、自分は皆に嫌われるのが怖かったんだ、信用を失くしたらどうしよう、孤独になったらどうしよう」と思っていたようです。

今はホントにどうでもいいや〜という感じです。
posted by nanto at 22:27| 長野 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。